こんなやり方ではますます臭くなる

足のニオイ、いったん気になりだすと、どうにかして消したいと思いますよね。

長時間の立ち仕事、外回りなどで足が蒸れたときに、より臭くなるという経験から、足の汗を止めればニオイもなくなるだろうと制汗剤、制汗スプレーを使っていませんか?

実はこれがさらなるニオイの元になることもあるんです。

多くの制汗剤や制汗スプレーには殺菌剤が含まれています。

この殺菌剤が皮膚の常在菌である表皮ブドウ球菌も殺してしまいます。

常在菌は別の菌の繁殖を防ぐ役割があるので、滅菌状態になってしまうと黄色ブドウ球菌などの菌が繁殖し、今まで以上に臭いニオイになってしまいます。

また、汗をかくのは体質の問題でもあるので、制汗剤で抑えても一時的なものです。

汗とともに排出されるはずの老廃物が、身体に蓄積されていくという悪影響もあります。

では消臭スプレーや消臭クリームはどうでしょうか。

こうした消臭剤は別の香りでもとの悪臭を閉じ込めるマスキング消臭法でニオイを消しています。

ですから、閉じ込める役目の香りが薄まると、またもとのニオイが出てきます。

そして、ニオイの原因を取り除いているわけではないので、ずっと消臭剤を使い続けなければならないということになります。

ニオイの原因が雑菌なら、足を清潔にしていれば臭くならないのではないかと、一生懸命足の裏を洗っている人もいるでしょう。

でも洗い過ぎは禁物。

皮膚の抵抗力が落ちて、逆に雑菌が増えやすくなってしまいます。

また、ボディソープなど保湿剤の入っている洗浄剤で洗うと、保湿効果で足の裏が蒸れやすくなり、これまた逆効果です。

いかがですか。

足のニオイ対策によかれと思ってしていることが、実はさらなる悪臭を生み出す原因になっているかもしれないのです。

では足のニオイを根本的に消すためにはどうすればよいのでしょうか。

長くなってしまったので、それについてはまた別の機会にお話したいと思います。

成功率92.1%【足の臭い】解決 強力消臭靴下【リンマー】公式サイトはコチラ