なぜ足は臭くなる?

靴を脱ぐと足が臭い。人前で靴が脱げない。

そんな人に言えない悩みを抱えている人は少なくありません。

ではなぜ足は臭くなるのでしょうか。

足の裏にはエクリン腺という汗腺があります。

このため、足は汗をかきやすいのですが、実は汗そのものにあの足のニオイはありません。

足が臭いのは、雑菌の出す腐敗臭が原因です。

雑菌が増えるとそれらの排泄物の腐敗臭も増えます。

足のニオイを抑えるには、この雑菌を増やさないようにすることが大切なのです。

雑菌が繁殖しやすい環境は高温多湿。

まさに靴の中で汗をかいた足が蒸れている状態です。

こうした状態が長く続くと、どんどん雑菌は繁殖し、足のニオイも強くなっていきます。

雑菌が増えないようにするためには、まず足の汗を少なくすることがポイントです。

リンマーは足汗の出る原因を分析。

足汗の出にくい足裏環境をつくるとともに、抗菌作用をもつ素材で雑菌の繁殖を抑制します。

これにより、つねに足裏は汗とは無縁のサラサラ状態。

結果、あの臭いニオイから解放されます。

成功率92.1%【足の臭い】解決 強力消臭靴下【リンマー】公式サイトはコチラ